猫コロナウィルス感染症

 コロナウィルスが世間を騒がせていますね。

犬にも猫にもコロナウィルス感染症はあります。今日は猫のコロナウィルス感染症についてお話しましょう。

 

猫コロナウィルス(FCoV)は糞便から経口感染します。多頭飼育の家庭では特に問題になります。互いのグルーミングや食器やトイレの共有でもウィルスは伝播されます。コロナ、というのは「太陽コロナ」からきている名称です。
コロナウィルス 

ウィルスの外側をエンベロープという膜が巻いていて、その膜に太陽コロナのような(子供が描くお日さまの外周に出た幾本かの放射状の線、あれです)突起がでています。この膜は熱や光、消毒薬に弱いので、適切に消毒を行うと直ぐに死滅させることができます。
コロナV

 

 

猫コロナウィルス(FCoVFeline Corona virus)には2つの型があります。ひとつは犬コロナウィルス(伝染性胃腸炎をおこす)とも関連のある「猫腸コロナウィルス」(FECV)です。もうひとつは野外で最も一般的なもので、猫伝染性腹膜炎(FIPFeline Infectious Peritonitis)を発症させる「猫伝染性腹膜炎ウィルス」(FIPV)です。

 

猫腸コロナウィルス(FECV)は感染したとしても、あまり大きな問題は起こしません。軽い全身症状と一過性で伝染力のない(その子の感染だけで終わってしまう、うつる心配の要らない)下痢を主症状とした胃腸炎程度です。非病原性といえるでしょう。とただ、外見上は健康であってもウィルスを体内に宿してしまい、ウィルスを体外に出し続けます。こうした猫はウィルスを他の猫に撒き散らすため、ウィルスの運び屋、という意味で「キャリア」と呼ばれています。ウィルス排泄を中断することがあっても、自身の体調により潜在的に持っていたウィルスが再活性化し、やはり排泄は続けられます。猫を多頭飼育している家庭や繁殖場内では、慢性的なキャリアが感染を続けるため、その結果、飼育されている猫のほとんどが感染猫になってしまいます。

DSC_1502.jpg 

 一方、猫伝染性腹膜炎ウィルス(FIPV)はとんでもなく悪者です。猫伝染性腹膜炎(FIP)というのは獣医療においては昔から最も管理が困難な病気です。診断が難しくなかなか確定診断に至らないのと、治療がほぼ不可能なのとのダブルパンチです。このことは飼い主さんに、経済的な負担や精神的な苦労などをかけてしまい、悪性腫瘍やそのほかの難病と同じかそれ以上に大きな問題になると思います。

 DSC_1501.jpg

猫の伝染性腹膜炎発症に関しては現在2つの理論があります。猫伝染性腹膜炎ウィルス株は猫の体内になった猫腸コロナウィルス株の突然変異によって生じたものであると言う説と、もともとFECV株とFIPV株があり、FIPV株に感染した猫が猫伝染性腹膜炎を発症するのだという説です。

 

猫伝染性腹膜炎について、もうすこしお話をしようと思います。続きは次回。病気のタイプと臨床徴候、検査と治療、予後についてです。

 

 

 

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード