猫の爪除去手術

「 猫の爪とぎ行動が激しいので爪除去手術をして欲しい」という依頼がありました。
行動療法での対応をおすすめしましたが、「犬の声帯手術」と同じように、手術一直線な方には聞き入れてはもらえませんでした。説明が上手にできなかったためかもしれませんが、とても悲しいです。

猫が爪とぎ行動をするのは猫本来の姿です。爪とぎ行動は縄張りを誇示するためのマーキング行為であるとともに、行動を次のものに移すときや寝起きなどにも行い、ある意味、ストレッチのようなものなのです。止めさせるのではなく、適正な場所を作ってやるのが良い方法です。そして好ましくない場所での爪とぎは、そこに立ち入ることができないようにしておくのが良いのです。

動物がこまった行動を示す場合、たいていは動物に「こころの病気」が存在しています。ここに目を向けていただかないと、最終地点の行動による被害を食い止めようとしても、動物の「やまい」はますます悪化してしまうだけです。

どうして爪除去手術(爪とり手術)をしてはいけないのか、この手術をされたねこ科の動物たちの姿を通して感じていただけたらと思って、参考になる映像を載せておきます。

http://ht.ly/mNCA6


お知り合いの方で、爪とぎ被害があるからと、こんな手術を考えていらっしゃる方がいるようでしたら、ぜひともこちらの映像を紹介していただけると幸いです。きっと考え直していただけるだろうと思うので。

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード