猫の肝リピドーシス・その1

 猫の肝リピドーシスは「脂肪肝」という名称でも言われることがあります。猫の肝臓疾患としては最も重度な病気です。肝臓の機能については前回お話ししました。非常に多くの複雑な機能を有しているからこそ、肝臓がうまく働かなくなったとき、この機能を他の臓器で補うことができないので身体には大きなダメージがあります。

 

<病気の概要>

人の脂肪肝は栄養過多により肝臓に脂肪が蓄積していくのですが、猫の場合は出来上がるシステムが人と異なり、急激な飢餓が原因となって脂肪肝になります。

猫の身体が栄養不良になったとき、からだに蓄えられている脂肪を分解し、これを体循環へ回して栄養にしようとします。しかし猫の身体はたくさんの脂肪をうまく変換するようは設計されていないため、放出された脂肪は効率よく処理されず、肝臓内に貯まってしまいます。脂肪が蓄積されると、肝細胞が腫れてきます。そのため肝細胞の間を走っていた胆汁の通り道(肝内胆管)が狭くなり胆汁の流れが悪くなり、黄疸が起こります。また赤血球を再構成させるはずだったこの黄色の色素は血中に流れ、目の結膜や口の粘膜を黄色く変化させます。肝リピドーシスはいろいろな合併症を呼び込み、最終的に死に至ることのある重い病気です。

猫はもともと肉食であり高たんぱくを摂取するように出来ています。そのため高蛋白高栄養な食事を摂取することができない状況下ではすぐに栄養不良に陥ってしまいます。全身性の病気により食欲不振が続いて発症する場合だけでなく、飼い主の自己判断で不適切なダイエットを行っていたとか、好みではない銘柄のフードに変更され食欲が落ちていたとか、たび重なるストレスのために食事が思うように進まなかったとか、日常のちょっとした出来ごとと連動して発症することもあります。






主に中年のやや肥満体形の猫にみられることが多い病気です。

 DSC_2462.jpg

<原因とメカニズム>

ほとんどの場合、正確な原因は不明のままであることが多いです。

肝疾患、腫瘍、糖尿病、膵炎、腎臓病などの全身性の病気に併発します。

重要な危険因子は、肥満、ストレス、住まいの変化(引越し、新しい家族その他)、迷子です。

どうして猫が脂肪肝になるのか、はっきりした発生機序も分かっていません。インスリンの働きが弱っていること、脂肪酸が増えすぎること、コレステロールの循環が悪くなることなどが要因として推測されています。

 

<症状>

長引く食欲不振です。多くの場合は数週間という単位の期間です。気がつかないうちに始まっている場合もあり、発症がいつからなのかはっきりしないことも多いです。

体重減少があります。

嘔吐や下痢、もしくは便秘のこともあります。

筋肉が痩せ細ってきます。

抑鬱状態です。おとなしく、元気がありません。

結膜が黄色く、黄疸になっているのに気づくかもしれません。

首を下の方に屈曲させることもあります。

口の周りが唾液で汚れているかもしれません。

 

肝臓の働きが弱り、有害物質であるアンモニアの処理ができず蓄積されると「肝性脳症」を引き起こすことがあります。この場合の症状は上の症状に加えて

無気力で眠っている。昏睡。

意味無くうろうろ徘徊。

突然の発作。攻撃。奇声をあげる。

などもみられます。まとめて「神経症状」と呼んだりします。

DSC_2466.jpg 

 

<診断>

まずは飼い主さんから猫の近々の様子をうかがいますが、これは病気を診断していく上で、たいへん重要な手掛かりになります。

それから身体検査で体重の変化や黄疸の有無などをみていきます。そのほかの身体の様子もチェックします。

血液検査や尿検査で、からだのおかれている状態を把握することができます。

血球の検査で赤血球の減少(貧血)や溶血を、血液生化学検査では肝酵素やビリルビン値の上昇を、血液凝固系の検査で凝固異常を見つけます。また尿検査でもビリルビン値が高くなるのがわかります。

画像検査(X線や超音波など)も補助的に肝臓の特徴をとらえることができます。

さらに病理組織検査を行うと確定診断になります。しかし開腹手術などで肝臓の組織サンプルを採るこの検査は日常的に行われる検査ではありません。



長くなりましたので、治療については次回に回します。

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード