猫が感じる住み心地の良い家・その2

猫さんにとって住み心地の良い家に変えてもらうと、ストレス性の病気の治癒が進みますし、また再発がありません。好ましくない行動を制御できるという意味からも人と猫さんとが共存できる理想の部屋になります。猫さんが住みよい環境に変えていただきたい理由はそのためです。

 

さて、「にゃんにゃんパラダイス」なお部屋は、一言でいうと屋外の環境を屋内で似せて作ることです。最近は動物園の動物のために展示エリアは様々な工夫が施されています。猫さんも同じことです。猫さんは快適に過ごせ、わくわくするものがいっぱいあるお部屋が大好きです。

IMGP3623.jpg 

具体的には以下の方な方法がおすすめです。

 

1、スクラッチングOKな場所があること。

 やはり猫さんにとって、「ここは私の居場所」をマーキングすることができる場所があることはすてきな環境です。代替えの場所もないのに「ソファのコーナーで爪とぎをしてはいけない」「この柱でカリカリしてもらっては困る」とカバーをかけられたり、猫の嫌いなにおいのスプレーをかけられたのでは残念極まりないでしょう。猫の爪とぎ行動は正しい本能的な行動です。マーキングのほかにも、層状に生えてくる爪をきれいにしたり、ストレッチになったり、と猫さんにはとても有意義な行動になります。

市販の物を利用してもいいですし、カーペット素材の物を板に張り付けたり、ダンボールを細長く切って断面を提供するというハンドメイドのものでも良いと思います。出来れば床の上に置くのではなく、床面に垂直に立て懸けて固定してもらうと、猫さんの好みにより近くなると思います。

IMGP3629.jpg 

2、登って楽しめる場所があること。

 猫さん専用のジャングルジムのような場所です。天井の梁があって、そこを猫さんが歩ける、そのような三次元の空間です。キャットタワーをそのまま利用してもらうのも良いですが、部屋にあるものでも結構です。猫さんが段々飛びして上の方に登れ、中間点、頂点などにくつろげる広さの場所を作っていただけると良いです。飛び台は滑らないもので、また高台はぐっすり寝込んだ猫さんが寝がえりをうっても落ちてこない工夫があるとうれしいと思います。

IMGP3626.jpg 

3、ハンティングできる要素があること。

 何かを狙ってジャンプしたり、物陰から襲うことができたり、ふらふら歩いていて獲物を見つけたり。そんな狩りの楽しみを屋内で作りだしてもらうと、猫さんの生活にわくわくが増えます。

飼い主さんが積極的に遊びに関与していただくことがいいのは言うまでもありません。置きっぱなしのおもちゃにはあまり魅力がないからです。狙う、飛び出す、仕留める、の動作を猫さんは楽しんで実行してくれます。お目目をくりくりさせ、お尻をもじもじさせて素早く走り寄る小さなハンターの姿は見ているこちらも楽しませてくれます。どんなおもちゃでも良いのですが、レーザーポインターで遊ぶ場合だけは、最後の「仕留める」部分が欠如してしまうので、ここで遊びを終えよう、というタイミングで小さなぬいぐるみを光の位置に投げて狩り遊びを完結させてあげてください。懸命に追いかける遊びでは猫さんも疲れますから、途中、休憩をはさみながら気長に遊んであげてください。

飼い主さんが留守の間でも猫さんが楽しめるようにするには、室内に置く物干しセットなどにおもちゃをぶら下げる方法があります。ただし夢中になって遊んだときに物干し台が倒れてきてしまわないように工夫が必要です。

おもちゃはいくつか用意しておき、飽きないうちに取り換えるのが良い方法です。猫さんによっては好みが偏る場合もあるかもしれませんが、ショップで買ってくるもののほか、ハンドメイドでカサカサ音の出る袋を丸めたものでも十分遊べますから、いろいろ試してください。

物陰から狙う、という意味では猫さんが隠れることのできる箱や大きめの買い物袋、またそれに布を被せるなどして、これらを部屋に置いておくだけでも遊びのバラエティを広げることができます。

そのほか、食事の与え方でもハンティング要素を取り入れることができます。少量ずつ小分けにした餌を物陰に潜ませておき、日替わりで場所を変えるというやり方です。これは比較的簡単に実施できるかと思います。

IMGP3644.jpg 

4、長居をしたくなるトイレがあること。

 狭い、汚い、誰かが使った跡が残っているトイレだと使う気になれません。またそこに行くのに苦痛がない、というのも大事な要素です。複数飼育のおうちでは、気の合わない猫さんがトイレの近くに陣取っていると近づくことができません。もともと野天の広々したところで恥ずかしくもなくお尻を下ろす猫さんですから、狭いところよりは広々したところで用を足すのが好きなのです。

一般にはピクニックシートの上にプラスチック製の押入れ収納ケースを置くのが理想とされています。市販の猫ちゃんトイレは小さすぎ、また屋根付きのトイレはにおいがこもるためおすすめではありません。猫砂は好みがあるようですが、大粒よりは小粒の物の方を好む猫さんが多いようです。

トイレの数は飼育している猫さんの頭数プラス1個、というのがお願いしたいトイレの数です。諸事情があり、難しい場合もあると思いますが、できるだけ理想形に近づけていただけると猫さんに喜ばれるはずです。

快適なトイレだとしっかり砂を掻き、体勢を整えたりなどして、トイレタイムが長くなります。排泄後に逃げ出すようにトイレから立ち去ることがありません。私たちに置き換えてみても同様で、気持ちの良いトイレではすべての動作がゆっくりになるような気がします。ホテルのトイレもゴージャスだと点数を上げたくなりますね。トイレは快適な生活の中でも大切な要素になるでしょう。

 

猫さんにとって住み心地のよいおうち、少しでも近づけていただけると嬉しいです。 
スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード