バイオフィルムの効果

 先回、多種類の細菌が集合体としてスクラムを組んだバイオフィルムのことをお話ししました。歯周病を始め、難治性の膀胱炎、中耳炎、副鼻腔炎などにもバイオフィルムは関与しているといわれています。

バイオフィルムに囲まれた病原細菌に対する治療は困難なため、細菌制御はバイオフィルムを壊すことから始めなければうまくいきません。

IMGP5820.jpg 

 

<バイオフィルムを壊すこと>

バイオフィルムを壊すには、スライムのようになっている構造そのものを壊していくことが必要です。細菌が共同体を形成しているうちは単独の抗菌剤療法で菌を除去するのが難しいので、ここを壊さなくてはいけないのです。それからこの構造の外層に存在している細胞を殺し、さらに内部(深部)の細菌を死滅させていきます。ばらばらになった細菌は抗生剤により攻撃を受けやすくなります。

 

歯科の領域でバイオフィルムが形成されてしまうと「おうちで歯科ケア」をしてもこのバイオフィルムを壊すことはできません。歯石や歯垢の完全な除去はバイオフィルムの構造を壊すことになります。マンション内で共同生活を送りつつ立てこもっている細菌に対しては、外部から抗菌剤という薬剤をホースで流しても効果が得られませんが、住処であるマンションを壊せば細菌は外に放り出されます。そして個別になって、抗生剤に感受性を出した細菌をアタックするというわけです。

 

 せっかく歯石を割り歯垢をきれいに取り除いても、このあとのバイオフィルムの形成を予防しなくては、また同じことを繰り返すことになります。歯垢が付かないように毎日のブラシングケアをするのが最良の方法ですが、苦手だったために付いてしまったのでこの後のケアも難しいのが実情でしょう。歯石を付きにくくする処方食、歯垢付着予防のためのデンタルペーストやデンタルガムも補助程度には使えるかもしれません。それでも歯磨きに勝るものなし、というのがこれまでの情報です。

IMGP5824.jpg 

 

<バイオフィルムの構成を予防する物質>

バイオフィルムの形成を防ぐ方法として、14員環マクロライド系抗生物質が有効であるとされています。炎症を抑え、粘液の分泌を抑性し、バイオフィルムを破壊したり消失させたりすることができるそうです。ヒトではなかなか治りにくい蓄膿症(慢性副鼻腔炎)の治療の定番になってきていると伺いました。これは病院からの処方になります。

 

動物では尿路感染症予防のサプリメントとして知られているクランベリーエキスもこのバイオフィルム形成予防の考えに沿った物質のようです。尿を酸性化したり、プロアントシアニンによる体内での抗酸化作用が考えられています。残念ながら歯科での利用はされていません。

 

当院で口腔内ケアにおすすめしているサプリメントがあります。ラクトフェリンです。牛乳の成分であるウシラクトフェリンの局所投与が猫の難治性口内炎に効果があることがわかっており、これを臨床応用しています。ラクトフェリンもバイオフィルムに関与している物質です。

IMGP5890.jpg 

 

<ラクトフェリンについてもうすこし>

ラクトフェリンはおもに乳汁中に含まれる鉄結合性糖たんぱく質です。微生物がバイオフィルムを作るのには鉄が必要ですが、ラクトフェリンはその鉄を奪い取ってしまうためにバイオフィルムが作られなくなります。マンション建設に必要な材料がなくなるので微生物の住処が作られず、細菌が露出し、抗生剤のアタックを受けやすくなるというわけです。

唾液中にも(涙や鼻汁にも)ラクトフェリンは含まれていて、局所免疫を高める作用があります。ラクトフェリンは口腔内で免疫グロブリンIgAとともに口腔内感染を防ぎ、歯周病菌のバイオフィルムを抑制する働きをしていると考えられています。ラクトフェリンの濃度が高いとこうした効果も高まるという研究結果もあります。

ラクトフェリンは猫の口内炎にもおすすめしているサプリメントです。猫さんの歯磨きは犬以上に難しく、歯肉の炎症から疼痛のために食事が進まなくなってしまうケースもみられます。口腔ケアのあとに抗生剤と併用してラクトフェリンを投与してもらうと効果的です。

 

 ラクトフェリンは人向けにもサプリメントとして開発されています。その効果は免疫調整作用、抗菌抗ウィルス作用、ビフィズス菌増殖作用、貧血に対する作用、抗炎症作用、脂質代謝改善作用などが知られています。脂質代謝改善効果をメインに押し出して、肥満解消作用を紹介しているメーカーさんもありますね。

IMGP6096.jpg 
超音波スケーラーでは細かな霧状の水が出てきます。
お顔がぬれてしまうのでお顔(場合によっては全身の)シャンプーをしてお返しします。 

 

<さいごに>

高齢の動物(や免疫を抑制する治療を行っている動物)は、細菌に対する抵抗力が弱まっています。身体に常在している病原性は弱いのだけれど抗菌剤に反応しない細菌の感染(日和見感染・ひよりみかんせんと呼んでいます)を受けやすくなっています。また免疫力が低下している身体では、細菌がバイオフィルムを作りやすくなっています。「歳をとったから仕方がないね」というのではなく、感染を防ぐ力が弱まった高齢になったからこそ、若いころ以上に口腔内(そのほか目や口周り、排泄口周囲の皮膚や外耳道など)を清潔な状態で維持することが大切です。

口腔内ケアやシャンプーを「おまかせ」にしている場合でも、これまで以上の頻度で実施していくよう努めていただくといいなと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード