骨関節症

 骨関節症のおはなし

 

骨関節症(OsteoarthritisOA)は発生率の高い病気です。犬だけにある病気と思われていますが、猫でも発生があります。気づかれないことが多いのです。

症状が徐々に進行していくので、活動性が低下したとしても「こういうもの」と思われてしまうようです。

TVを見ていると人の関節炎のためのサプリメントのCMは毎日といってもいいくらい流れているので、コンドロイチンやグルコサミンは耳に親しいと思います。これだけのCMをするというのは「関節痛」に悩まれている人が多いことの表れでしょう。

 IMGP6453.jpg
今月の掲示板は骨関節症です




このような慢性疼痛を伴う「骨関節症」は「関節炎」と呼ばれることが多いです。とにかく痛いのはつらいので、軽い症状を示しているだけのときから早期治療を始めていきたいと思います。それで、

①この病気を理解していただくこと。

②初期症状を知っていただくこと。

③予防対策をとっていただくこと。

この3つを目的として、お話を進めていきます。

IMGP6454.jpg
まずは痛みについて分かっていただきたいです
 

目標は

①犬や猫に痛みの無い生活を送らせてあげること。

②食事や排泄に介助を必要としない老後を過ごさせてあげること。

2つです。

そう。人と同じです。「要介護」のレベルなら低く、できれば「要支援」や「見守り」を維持できるようにしてあげたいと思います。

IMGP6455.jpg
関節症を発症する原因はいろいろあります
 

 

<骨関節症というのは>

関節軟骨と関節周囲組織が変性していくのに伴って、関節軟骨が壊され、関節の痛みと機能不全がおこってくる病気です。「関節炎」と呼ばれることが多いのですが、「炎症性」ではなくて「変性性」の病気です。「変性性関節症」という呼び名で呼ばれることもあります。

 IMGP6456.jpg
慢性的な痛みを我慢させておくと大変な事態に

 

<関節軟骨が傷むしくみ>

関節軟骨は骨の末端部にあり、関節をなめらかに動かすのを可能にする組織です。特殊な構造をした組織で、実は一旦傷がついてしまうと再生することがありません。関節軟骨は関節にけがをしたり、関節関係の手術をしたりして元の組織が壊されることのほかに、加齢による変化でも「損傷」をおこします。「損傷」ですが、たいていは「軟骨が擦り減ってきます」という表現をとることが多いです。

 

軟骨が壊れて骨が露出すると、骨には神経がたくさん集まっているため、ものすごく痛みが表れます。痛いと動かすのが嫌になるので機能的に十分な動きはとれなくなり、不安定な動きになります。

車ですとホイールの調整に「アライメント」という言葉を使うことがありますね。犬や猫も車同様4本足で歩く動物ですので同じように考えていただくといいかな、と思うのです。どこかひとつの関節に不具合があると他の足、他の関節に無理な力が働いて、なんとか別の部位が調整しようとはしますが、最終的にはどこもみんな悪くなってしまいます。1か所でも不安定なのは良くないですね。

 

軟骨が障害されると、これに続いて滑膜炎(かつまくえん)がおこります。滑膜は関節を内張りしている膜で、この滑膜炎も痛みが出ます。

慢性化した不安定な関節を安定化させようとするため、生体がとる次の反応は、滑膜の外側にある軟部組織の肥厚です。自分の身体でサポーターのようなものを作るわけです。ある程度関節が固定されるので痛みは和らぐのですが、その結果、関節としての自由な動きはできなくなってしまいます。

 

さらに進むと骨の一部がとげのようにとがって出てきます。「骨棘」といいます。レントゲンの検査ではっきり分かるようになるのはこうなってからです。このとげのような出っ張りを「カラスのくちばし」と表現したりします。

 

軟骨が削れ、露出した軟骨下骨に石灰化が始まり、関節の周囲や関節包の付着するところに余分な骨が付き始めると、関節周りはますます硬くなり、関節の動きが悪くなります。

IMGP6457.jpg
痛みを和らげ病気の進行を抑えるには?
 

 

今日のお話はここまでです。

IMGP6458.jpg
骨関節症に良い食事やサプリメントを紹介しています
 

 

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード