イベルメクチン

 今週はノーベル賞受賞のニュースで盛り上がっています。ノーベル賞を受賞した研究の内容というと身近なものからまるでさっぱり分からないものまで、いろいろありますね。ただ、おそらく犬猫にも関係するものとして、今回の大村智先生の医学生理学賞は、キュリー夫人のレントゲン以来の大きな関わりを持つのではないでしょうか。

今日はイベルメクチンについて、お話ししようかと思います。先生の発見された抗生物質は「エバーメクチン」として紹介されていますが、動物用には「イベルメクチン」。みなさんおなじみのフィラリア予防薬です。

 IMGP7541.jpg

 

<フィラリアの虫が目の中に?>

フィラリアというのは蚊に刺されて犬の心臓に虫がわく病気です。犬の心臓糸状虫、フィラリア(Dirofilaria immitis)もまれにヒトに感染することもありますが、人の糸状虫症は別の虫が原因となっておこります。分類的には仲間の虫になります。象皮病を起こすバンクロフト糸状虫やオンコセルカ、回旋糸状虫(Onchocerca volvulus)です。アフリカや中南米に住む人もフィラリアに苦しんでいました。

オンコセルカによって発症する病気ですが、川のほとりで発病し、目が冒され失明するため、「河川盲目症」(River blindness)といわれています。

 

犬でも同じようにフィラリア虫体が前眼房の中に迷入することがあります。犬糸状虫の生活環ですが、蚊に刺された後、感染子虫は犬の体内を巡り脱皮して心臓に入ります。その心臓に入る前の段階で、このような思わぬところに迷入してしまうのです。犬の目の中(結膜をめくった部分)にまれに虫を見ることがありますが、これは角膜と結膜の間に居るもので「眼虫」です。犬糸状虫の感染子虫は前眼房の中、角膜とレンズの間に入るのです。点眼液で洗い流しても虫を取り除くことができません。

早崎先生のお話。

http://nichiju.lin.gr.jp/mag/06608/a5.pdf

 

IMGP7561.jpg 

<フィラリア予防薬の歴史>

そんな犬糸状虫症の予防薬、イベルメクチンは今でこそ当たり前になった「1カ月に1回投与」の予防方法の先駆けになった薬です。

それまではジエチルカルバマジン(DEC)でした。フィラリアの感染期間中、毎日投与して予防しなくてはならなかったのです。とても苦い薬でしかも裸錠。甘いコーティングもされていなかったのです。直接口に入れて投与するにも口の堅い犬、気症が荒い犬では手に負えません。好物のお肉やチーズに潜り込ませてもだませません。薬入りの食物は食べないか、またはぷいっと出してしまいます。みなさん投与に苦労されていました。予防しようと意気込んでも犬の方がごくんとしてくれないので予防が成立しなかったのです。

その後動物が好むおやつタイプ(この頃はクッキーのようなサプリメント様のものでした)のDEC製剤、「フィラリビッツ」が出て、少し投与が楽になりました。これが発売されたのは昭和55年です。1970年代はこのお薬に助けられました。

その後イベルメクチン製剤が表れました。1カ月に1回投与すれば予防できる、安全性にも有効性にも全く問題がない薬です。大革命でした。

しかし、薬が普及するにつれて、この薬のウィークポイントがシェトランドシープドックにあらわれました。たいていの薬は脳に影響しないように血液脳関門というバリアがありますが、コリーやシェトランドシープドック等の牧羊犬のある系統のものにイベルメクチンをブロックすることができない犬がいたのです。遺伝子型によるものでした。ふらつき、協調運動ができなくなり、嘔吐やけいれんを起こして死亡する例も出てきました。シェルティーだけはイベルメクチンの恩恵に取り残されたようになってしまいました。1980年代のことです。

その後、構造の似たマクロライド系抗生物質が開発され、これらの心配が懸念される犬種も別のお薬で安全に予防できるようになりました。

その後、錠剤で登場したイベルメクチンもおやつのジャーキーのような剤形「チュアブル」が出てきました。これも革命です。投薬は簡便になり、月に1回の投薬はおやつとして愛犬が待ち望むくらいの位置づけになりました。

そうして、イベルメクチンは動物薬の中で販売額においてトップを走っています。たぶん20年くらい。

 

現在、犬糸状虫予防はノミ・マダニ予防と一緒にできる皮膚滴下式の薬(1カ月に1回)や、注射(6カ月に1回、1年に1回)などとバリエーションが広がっています。

 IMGP7578.jpg

 <フィラリア予防と犬の寿命>

犬糸状虫予防が大変だったころ、予防率は大変低く、感染率はとても高かったです。予防をしない犬が初めてフィラリアの症状を出すのは4歳前後、そして寿命は8歳くらいでした。今、犬の寿命が延びたのは栄養管理がよいからとか、飼育の仕方がよいから、獣医学が発展してきたからなどと言われています。子犬のころの死亡率を思うとワクチン接種率の高まりもあるでしょう。そしてそれに続いて予防獣医学の要となっている犬糸状虫の予防率が向上したことも無関係ではないと思います。

 IMGP7552.jpg

 <皮膚病の治療薬としても貢献している>

イベルメクチンは犬糸状虫予防のほか、皮膚疥癬症の治療にも効果を発揮しています。外遊の多い猫では、遊び友達から簡単に感染してしまいます。またこの寄生虫は人にも感染するものです。強い痒みが出ます。さすがに1回の投与では完治は難しいのですが、23回の注射で見違えるほどきれいな皮膚になります。皮膚疥癬症の治療も何度も薬浴しなければ治らなかった病気ですから画期的なことです。

IMGP7604.jpg 

<他の動物にも感染する>

犬糸状虫は犬以外に、単蹄類(馬)、偶蹄類(鹿)、海獣(オットセイ、アシカ、アザラシなど)からも感染が見つかっています。猫での感染もあります。そしてこれは珍しい話では無くなっています。

現在、猫のフィラリア症予防に最も簡便なのはノミ予防として知られているスポット剤です。イベルメクチンと近い構造をした「セラメクチン」が主成分です。 

 

 

イベルメクチンの開発につながった川奈ゴルフ場ですが、川奈ホテルはプリンス系列になっていますね。四季折々の花が咲き、オリジナルパウンドケーキも魅力的です。ゴルフのたしなみはありませんが、ぜひお泊まりしてみたいですね。

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード