犬の外耳炎

 高温多湿の時期に多くみられるのは外耳炎です。

今日はみんな知ってる外耳炎、ほんとはよく知らなかった外耳炎についてお話しします。

 

<外耳炎って?>

外耳道は耳の入り口から鼓膜までの筒状の組織。外耳道の表面は「皮膚」であることを忘れちゃう人が多いですが、ここも皮膚の一部になります。(表皮組織)

外耳炎はこの外耳道に細菌や真菌が増えて炎症が起こる病気です。

頭を振ったり、耳の後ろをカキカキしているのは耳の病気の可能性があります。

IMGP8723.jpg 

<外耳炎の原因はアレルギー?>

外耳炎の主な原因はアレルギーです。アレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどが関与しています。

そのほか、内分泌疾患(ホルモンの病気)のために、皮膚の新陳代謝が異常に亢進し、耳道の皮膚が厚く硬くなることもあります。耳道が狭くなり、奥の耳垢排泄ができなくなります。

耳ダニのような寄生虫が関与することもあります。

植物の種や、お掃除したときに落としてきてしまった綿棒の先端部などの異物が炎症の原因であることもあります。

腫瘍ができていることもあります。

 

外耳道には分泌腺(耳垢腺)があります。耳垢腺は外耳道にアレルギーや炎症があると過剰な分泌をおこします。健康な場合、耳垢は自然に奥から耳の入り口に向けて排除されますが、炎症が起こるとうまく排泄されず、耳の中にとどまります。そしてたまった耳垢は曲がった外耳道の奥で細菌の温床になり、炎症に加担し、アレルギーや炎症を悪化させます。

外耳炎が悪化するとこの耳垢のために耳道がふさがってしまうこともあります。

IMGP8724.jpg 

<外耳炎のサイン>

外耳炎になると特徴的なしぐさを見せますし、耳を触ったり見たりすると特徴的な症状が見られます。

レ 後ろ足で耳を掻く。

レ 壁や床に耳をこすりつける。

レ 頭を振る。

レ 耳の中が汚れている。

レ 耳の中が赤い。

レ 耳がにおう。

レ 耳を触ろうとすると怒る。

以上のような様子が見られたら耳にトラブルを抱えているしるしです。

IMGP8725.jpg 

<外耳炎になりやすい犬>

外耳炎になりやすい犬があります。

    たれ耳の犬

ビーグルやコッカスパニエル、ペキニーズなどの耳が下がっている犬は通気が悪いので外耳炎になりやすい傾向があります。

    外耳道が狭い犬、耳にしわが多い犬

ブルドッグやパグ、プードルは外耳道が狭く、耳のしわも多くて耳垢がたまりやすい構造を持っているため外耳炎になりやすいです。

    フケが出やすい犬

ウェスティ、ダックスフンドは脂漏症といってフケが多く出やすい犬種です。この犬は耳垢の分泌も盛んになることが多く、外耳炎になりやすいです。

    耳の中に毛が生えている犬

コッカスパニエルやマルチーズ、シーズ、プードルなどは耳道に毛が生えているため、お手入れが悪いと通気が悪くなり、外耳炎を起こしやすくなっています。

    アトピー体質の犬

柴犬、シーズ、レトリバー、ウェスティはアレルギー素因のある犬で、皮膚の一部である外耳道も炎症を起こしやすいのです。

    そのほか、どの犬種でも外耳炎はおこりえます。

IMGP8726.jpg 

<外耳炎の診断>

外耳炎の診断はほぼ臨床症状から診断が可能です。

次のような検査を行います。

    耳鏡検査

耳の中の分泌物、異物、腫瘍を観察するほか、耳道の腫れや出血などの炎症を見ます。

    耳垢染色検査

耳垢を取って特殊な染色液につけ顕微鏡で観察します。細菌や酵母菌(マラセチア)が見られることがあります。炎症細胞の中に腫瘍細胞が混じって見られることもあります。

    耳垢の細菌培養と薬剤感受性検査

耳垢の中の細菌の種類を特定し、どの抗菌薬が効率よく作用するのかを調べます。

    アレルギー検査

アレルギーの原因となるアレルゲンを特定させる検査です。食事が関与する場合は適正な食事を特定することができます。

    X線検査

慢性の外耳炎で外耳がごつごつしているときや腫瘍の存在が明らかな場合、鼓室を観察するためにX線を撮って調べます。手術が適応になるのかどうかもこれによって判断します。

IMGP8727.jpg 

<外耳炎の治療>

外耳炎でまず行うのは耳の洗浄です。耳の毛が生えている場合はまず耳毛を抜いてきれいにしてから洗浄します。イヤークリーナーは低刺激性で抗菌作用のある液体です。汚れを落とした後、生理食塩水などで洗い流し、水分をふき取ります。その後外耳炎治療薬を点耳します。外耳炎治療薬は連日点耳する必要のあるものと効果が1週間持続するものがあります。細菌感染が激しい時、抗菌薬で耳浴させることもあります。

外用療法だけでなく、内服で炎症を抑えるためのステロイド薬や抗菌薬、抗真菌薬を使うこともあります。アレルギー関与が強く疑われるとき、抗アレルギー薬を投与したり、総合的な治療として処方食をお願いすることもあります。

外耳炎の治療には根気が必要です。それは原因の大部分がアレルギーであることと関係します。アレルギー体質は根本的に治ることはないからです。指定の再診日にお越しください。

また、腫瘍やひどい肥厚がある場合、外耳道切開や鼓室を含めた外耳道切除などの外科手術が必要なこともあります。

耳介が座布団のように膨らむ耳血腫でもレーザー処置や外科処置が必要になります。

IMGP8728.jpg 

<外耳炎の予防>

 外耳炎の予防には、耳を清潔にして、乾燥状態を保つことが重要です。

 治療し、一度治癒してからも、定期的なおうちケアで外耳炎の再発を防ぐことができます。おうちでのケアが難しい場合は定期的に耳毛を抜いたり耳クリーニングのためにご来院ください。

IMGP8729.jpg 

 

おうちケアのための方法を説明した用紙と耳ケアの洗浄液を準備しています。
んばってみよう、という方はスタッフにお気軽にお声掛けください。

IMGP8730.jpg 

今月の掲示板は耳ケア特集です。ご来院の折にぜひご覧になってください。

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード