犬に噛まれた!


非常にお恥ずかしい話ですが、久々に強く犬にかまれ、それにまた傷が悪い方向に走り、今回ばかりはいろいろへこみました。まぁ、こんなときもあるさ。です。それで、いくつか思うことをお話しします。

 

<患者さんへの気づかい>

まず私たちは、咬まれても、めったに患者さんにその姿をさらすことはありません。それは咬まれるのが処置中で患者さんのいらっしゃらないことが多かったりするからです。そのため、スタッフのどこかに傷があっても、いつ、誰がやらかしたことなのかわからないので、たいていは特定の患者さんに心苦しい思いをさせないで済んでいます。もしくは患者さんのいらっしゃるところで発生したことでも、派手にせず、極力平静を装います。ほんとは咬まれたのだけれど、「車のドア閉めるときにへましちゃったの」なんて嘘言ったりもします。これは私たちの仲間、みんなそうです。スタッフみんな痛いのをこらえ、やりにくい仕事をいつも通りにこやかにこなしています。

だから、もしスタッフの誰かのどこかに「あれれ?」と思うような傷を見つけたら、「動物病院のスタッフは動物に痛いことしているのだから、嫌われて咬まれても仕方がないだろう」なんて思わないで欲しいです。ははー、こんなこともあるのだなーと、それでも無言で頑張るスタッフに声援を送ってください。(私はこらえ性がないので、こうして書いてます。えへへ。)

 

<犬はしつければ友好的になるのか>

獣医学的な処置を友好的に行えるように、病院を大好きになって貰いたいと、多くの獣医たちはパピースクール(パピーパーティー)などを開催し、子犬のときからのしつけを提案しています。しかしもともと咬む気質のある動物の矯正は難しいだろうと思います。だから「うちの犬はしつけが悪くて」と嘆く必要はないでしょう。しつけでなんとかなるのは「吠え癖」のようなレベルです。恐怖性の攻撃を行う犬というのは、ある程度は我慢することに慣れても、ぎりぎり一線を越えてしまうと必ず攻撃行動を起こします。そして我慢レベルが非常に低い犬は訓練をしても一定数残ります。こうした犬の場合、しつけというよりはさらに高度な獣医行動学の治療が必要な場合が多いです。

(注:ここではご家庭で行う教育を「しつけ」、プロの訓練士にお願いして教育したものを「訓練」と使い分けました。)

しかし「だから仕方ない」とこのままにしておくのではなく、犬を社会化させる努力をしてもらえるとうれしいです。「散歩は怖がるから行かない。うちの人にはなんでもさせるし、病院も年に1度のことだから困らない。美容院にも行く必要を感じない。」等言われることもありますが、行動学の治療が必要だと切に思うのはそのような犬にも、もし何かあったらと考えるからです。攻撃性行動は自分や家族、もしくは同居犬に向けられない限り、費用を捻出して治療しようとされないのも仕方がないとあきらめてはおりますが、やはり、家庭犬として生きていく中で犬は喜びとか楽しみの半分が欠如しているようでかわいそうに思います。獣医行動学は人と動物の絆を堅く結ぶための治療です。ご理解いただけるとうれしいです。

 

<初期治療はすみやかに>

さて、今回事故に遭った日は、それは多忙を極めておりまして、昼休みもとれないくらいでした。また患者さんが診察室にいらしたため、派手に自分の処置をすることができませんでした。そのまま次の診療を継続しなければならなかったし、その次の診療もまたひどくお待たせしている状況でしたから、やっと落ち着いて抗菌薬をのんだのも少し時間が経ってからでした。また傷を追った手を十分護ることもできず、激しく圧迫するグローブをつけて外科手術にも応じました。

こんなマイナスの条件が重なり、夜には大層腫れてしまいました。翌日、翌々日と診療がお休みでしたので、この2日で治すつもりでいましたが、翌日には全身性に発熱し、食事もとれないどころか、立つのさえ億劫な日を過ごしました。受傷から4日目、総合病院の看護師をしている当院の患者さんに助けられて、整形外科をようよう受診でき、局所麻酔下での傷治療、連日の抗菌薬点滴と内服という治療メニューになりました。

どうかみな様には、こんなたいへんなことになる前に、咬まれたら何を差し置いてもすぐに受診。休日であっても受診。夜間でも受診。お仕事のある日でも休んで受診。初期のしっかりした治療を行うことを切におすすめいたします。

 

<患者になる>

さて、獣医療に携わるものが、たまに医療を受ける側に回ると、患者としての気持ちがわかります。ここには私たちが常に見逃しているポイントがあります。

待つ時間が長いことは、そのつもりでいるわけですけれど、案外読書するのとか集中はできないものです。呼ばれる時間とか小刻みなのですよね。何かを用意してもそれがはかどるわけではないのです。頑張って、いかに待たせないようにしないといけないなぁ、と思った次第です。

それから、待合室で初めて会う方とおしゃべりしたりします。なんだか、気が紛れていいですね。それから、今回は偶然にも当院の患者さんにもばったり出くわしたりしましてね。和みました。うちの待合室は賑やかにおしゃべりしてくださる患者さんがいて、なぜか患者さん同士が仲良くなったりしている不思議な病院なのですけれど、初めての方の気持ちをほぐしてくださっているのですよね。ますますおなじみ患者さんってありがたいなぁと思うのでした。

 

<医療は痛いです>

それから、患者を経験すると、動物の気持ちにもなります。

ふだんは「さぁ、ちょっとだからいいこにしててね~」「痛くないですよ~」とか言って注射とか処置をしていますけど、痛いものは痛いですね。針刺しも失敗が重なると泣けてきます。やっぱり技術を磨いて、一回で済ましてあげないとかわいそうですね。動物はものが言えないだけに、よけいに頑張らないといけません。

さらに。お薬の副反応はつらいです。薬の作用もわかっているし、継続しなければならないその理由も、人一倍よく理解しているわけですが、お薬による有害反応とどの当たりで折り合いをつけましょうか、と思いました。これはもしひとつ薬が増えるだけで、有害事象を避けることができるのであれば、ぜひ加えるべきです。症状が出たら対処する薬を、じゃなくて、症状を出さずとも起こりうる反応であれば、事前に加えてあげるべきですね。

 

とまぁ、このようなことを思い、治療に励む毎日を過ごしました。

 

どうかみな様、およそのわんこに咬まれませんように。そしておうちのわんこにもお気をつけて。もし、咬まれたらすぐに治療にお出かけください。もう一度いいます。す・ぐ・に・受診してくださいね。

それからどういったいきさつでこのような事故が発生したのか、じっくり思い出し、しっかりとメモしてお近くの動物病院に、場合によっては獣医行動学の専門医にご相談なさってみてください。治療がうまく運ぶと犬は見違えるほどに変わるのです。

この世に不幸な犬が生まれないように。単に「暑いから犬もイライラするのかしらね~」で済ませないように、お願いしたいです。

今日のお話、こんな個人的なお話で済みません。

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード