犬の炎症性乳がん

 犬の炎症性乳がんについてお話します。

 

犬に発生する乳腺腫瘍の中に極悪タイプの腫瘍があります。それが炎症性乳がんです。

Inflammatory mammary cartinoma で調べていくと安心できるコメントは全く出てきません。攻撃性が強くて犬に対しひどいダメージをもたらす腫瘍です。

 

<発生は?>

犬の乳腺腫瘍のうち、炎症性乳がんの発症は10%以下、ほんの数%にすぎません。

殆どは避妊手術をしていない高齢のメス犬で、発情の来たすぐ後(1ヶ月か、間が空いたとしても2ヶ月位のうち)に発生する印象があります。

 ブログ用7

<症状>

「炎症」というのは「炎」の字が付きますが、まさにカッカと燃えている感があります。それでは「乳腺炎」なのだろうと誤解されることもあるくらいですが、乳腺組織に熱と腫れを伴う腫瘍は炎症性乳がんだけで、総合的に判断すると残念なことに「炎症性乳がん」という診断が覆されることなく、病勢がどんどん進行していきます。

お乳の腫れとともに、歩き方がおかしいとか、足を大きく広げることができないなどの症状を伝えてくださる患者さんもいます。

たいていはひとつの乳腺組織だけでなく、複数の乳腺組織が侵されます。しかも両側性のことも多く、皮膚に赤く水ぶくれやそれがはぜたものができ、腹部から胸部のお腹側はぶくぶくとした皮膚病のひどい腫れがあるようにも見えてしまいます。

進行してくると(そう遅くなく、このようなことが発生してきますが)腫れと腫れが結合して大きな塊になったり、一つの膨らみが裂けてきたり、炎症を起こしている乳腺組織が化膿して臭いのある汁が出てきたりします。

腫瘍細胞がリンパ管に入ると、リンパ循環を悪くするため、足がむくんできます。乳腺組織そのものも水っぽい腫れを起こすこともあります。

痛いので、触られることを嫌がります。だるそうに静かで、じっとしていることが多いです。食欲も無くなることが多いです。

 ブログ用5

<病理学的検査>

病理細胞学的な診断名では「炎症性乳がん」というものはなく、病理の先生が見られた組織学的な構造に基づいた名称で細胞検査の結果を知らせてくださいます。そのため、犬の病状を察すること無く、病理頼みで病名を診断されてしまうと、大事な判断をし損ねてしまう可能性も出てきます。

犬の様子をしっかり見てください。犬のお乳の観察も大切です。

 

<治療は?>

炎症性乳がんという診断がされたら、外科的に切除することはしません。もし誤った判断で外科に委ねてしまうと、病勢のコントロールができなくなります。切ってはみたものの、抜糸するまでもなく、さらなる勢いで腫瘍細胞が押し寄せてきます。創面を裂開させ、抜糸するまでもなく早期に亡くなる結果になります。

高齢犬に発症することが多いので、「ほんの2週間位のことなのに迷っているうちにどんどん進行しちゃって、手術のできるようなかんじじゃぁなくなった」というのもよくあります。おそらく切らないほうが生存期間は長いです。

静かに、疼痛緩和のための治療を行います。非ステロイド系の鎮痛消炎剤(NSAIDs)や抗菌薬はほぼ反応がありません。もし、これらの薬に反応していれば、きっと乳腺炎だったのでしょう。それはそれで喜ばしいことです。

ステロイドの薬で痛みを和らげ、食欲を出すようにしてやります。

オピオイド(モルヒネでよく知られている麻薬性鎮痛薬です)の方がさらに効果的です。

Cox2阻害薬である消炎鎮痛薬(ピロキシカム)を膀胱腫瘍のコントロールに使用するのですが、こちらもある程度緩和効果があるようです。1日1回、薬の分量としてはあまり多くないので、食欲不振のときにも投与しやすいし、薬の値段もあまり高くありません。薬そのものは頻用されていて比較的安心なものです。ある程度の緩和もあり、生存中央値も185日あったという報告があります。オピオイド薬に対して不安が残る方にも、代用になる治療法だと思います。

DSC_3255.jpg
前回ご紹介した普通の乳腺腫瘍と大きく異なることが
おわかりいただけるかと思います。
おなかの毛は刈ってあります。

 

<予後>

良いお話はできません。予後は非常に悪いです。おそらく、数ある犬の腫瘍の中で最も悪い経過になります。

初診の段階では、見つけたときにすでに広がりを見せているものや、スピード感のある腫瘍だと判断したもののまださほど大きくはなっていないものなど様々なわけですが、そこからの余命は平均すると6ヶ月未満と覚悟してください。

中には診断したときに安楽死を考えなくてはいけないほどにやつれてしまっているものもあります。

ブログ1 

<予防>

やはり避妊手術です。

ある病気が発症する確率を考えてその病気の予防をするかどうかを決めるのは、ある意味賭けをするようなものだと思うのです。ですから、想定している病気の予防をしないのは、「その病気が発症したら諦めて治療しよう」という潔さが含まれているように思います。けれど発症した場合の重症度を思うと、「治療すればなんとかなるよね」といった余裕はなくなるのではないでしょうか。
乳腺腫瘍の予防をしようかどうしようか、というよりも若いうちの避妊手術をどうしようかと迷ううちに月日はあっという間に過ぎてしまうのが現実です。
けれど、脅かすわけではないけれど、こんなタイプの乳腺腫瘍があると知って貰うと予防する方を選んだほうがずっと良いと判断されるのではないでしょうか。未来にこんなに恐ろしい乳がんが待ち受けているのかと知ったら、それは子宮蓄膿症予防のために行う避妊手術なんて比べものにならないくらい価値ある予防策です。


炎症性乳がんは、その発生率からあまり知られていないでしょう。乳腺腫瘍の505050ルールからすると、乳腺腫瘍にかかる確率は五分五分ということですし、しかも悪性度合も同じように五分、命を縮めそうな転移を起こすのも五分なのであれば、「まぁ、なんとかなるのかな。もしできても早期のうちに発見して手術をすれば大丈夫だよね」という考えに行き着くかもしれません。そして乳腺腫瘍よりも子宮蓄膿症の方が知名度は高く、こちらの予防のために避妊手術を検討している方が多いのもわかります。そうすると何も初回の発情前までに決めなくても検討する時間にゆとりが持てるわけです。ですから悩んでいるうちに年が過ぎてしまい、気づいたら手術時年齢が34歳を過ぎてしまったということもあります。


もし、乳腺腫瘍や子宮蓄膿症の発生確率と避妊手術のリスクを比較して、避妊手術にブレーキをかけているのだとしたら、今後は避妊手術をしないことのリスクに炎症性乳がんの発症を加えてください。きっと避妊手術を行わないリスクの方が高くなると思います。

 ブログ用8
朝夕、寒さを感じるようになってきました。
お身体にお気をつけてお過ごしください。


 猫の乳腺腫瘍と犬の乳腺腫瘍について連続でお話しました。ピンクリボンの月が終わっていましたが、なんと、11月8日は「いいおっぱいの日」なんだそうです。(いい歯の日なんじゃなかったっけ?)

まぁ、避妊手術で「いいおっぱい」を守ることができます。これを
知らないで病気になってしまったというかわいそうな犬や猫が減っていきますように。
    合掌

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード