猫免疫不全ウィルス感染症

今日は猫免疫不全ウィルス感染症についてお話しします。ちょっと長いです。

 

<病原体は?>

猫免疫不全ウィルス感染症は猫免疫不全ウィルス(Feline Immunodeficiency virus : FIV)の感染により起こる病気です。猫エイズとも呼ばれています。有効な治療法のない怖い病気です。

猫免疫不全ウィルスはレトロウィルス科に属しています。このレトロウィルス科には猫白血病ウィルスも仲間として入っています。(もう少し細かい分類は違います)このウィルスは1986年にアメリカで初めて分離されました。

 IMGP5881.jpg

<感染は?>

猫免疫不全ウィルスは主に猫同士のけんかによる咬まれ傷によって感染します。唾液中に含まれるウィルスが傷を介して移るのです。そのほか性行為によって、また母猫から子猫への感染も頻度は低いかもしれないけれど、あるでしょう。

2008年に鹿児島大学の遠藤先生たちが全国で行った調査によると、地域差はあるものの「最低週に1回外出する猫」1770頭のうち23.2%の猫が猫免疫不全ウィルスに対する抗体を持っていました。調べられた猫のうち、1175頭は「けがをしていたり、食欲がなかったり、やせていたり、鼻水を出したり、目やにが出たり、呼吸が苦しいなどの症状をもって病院に連れてこられた猫たちで、716頭はけんかによる咬まれ傷がありました。この調査からわかることは「自由に屋外に出て行ける猫は、屋内だけで過ごす猫の20倍以上の高い感染率になる」ということです。そして「オス猫はメス猫の2倍も感染している」こともわかりました。

IMGP5888.jpg 

<5つの病期と症状>

猫免疫不全ウィルスに感染したときの症状は、感染後どのくらい経過したかによって異なります。

    感染してすぐは・・・

熱が出たりリンパ節が腫れたり、下痢になったりします。血液検査でも貧血や白血球減少などがみられるくらいです。これらは特別な症状ではないのでほかの病気と区別がつきません。感染して数週間から数ヶ月くらいこのような症状が出ます。それでもこうした症状が強く出てこない場合は、なんとなくだらだらしているくらいで知らないうちに過ぎてしまいます。この感染したてのころは抗体検査をしても検査に現れません。(感染後、抗体が陽性になるのは30日から60日くらい過ぎてからです。)

この時期を急性期と呼んでいます。

    そのあと・・・

症状はまったく無くなります。症状がないので病気のように見えません。体調も良いのでけんかもできますから、ウィルスをほかの猫に広めることができる怖い時期です。数ヶ月から数年続きます。

抗体検査をすると陽性に出ます。飼い主さんは猫の体調が良いので、血液検査をして病気を確認しようなどとは思わないでしょうし、まさか猫免疫不全ウィルスの感染を受けていようとは夢にも思っていないかもしれません。感染猫は猫免疫不全ウィルスを一生涯持ち続けます。

無症状キャリア期と呼んでいます。

    それから・・・

全身のリンパ節が腫れてきます。けれどほかの症状ははっきりわからないことが多いです。検査をすると抗体は陽性に出ます。

持続性リンパ節腫大期と呼んでいます。

    症状が出始めます・・・

その後、免疫異常による症状がじわっと出てきます。口内炎や歯肉炎、鼻風邪や下痢などです。注射や薬でコントロールも可能な時期です。なかなか治りが悪いこれらの病状に「もしや、エイズかも!」と心配になるのがこの頃です。検査でその心配が的中してしまうのがこの時期です。

エイズ関連症候群期と呼んでいます。

    いよいよです・・・

免疫不全による症状が出てきます。検診で血液検査を実施すると赤血球や白血球が減少し、貧血やそのほかの血球減少症を発症ししているのが判明します。カンジダ症や疥癬症、毛包虫症などの皮膚病にもなりますし、腫瘍を発症することもあります。脳炎で神経症状を出すことも有り、看病するのも辛くなってきます。

後天性免疫不全症候群期です。

IMGP5893.jpg 

<簡易レトロウィルス検査>

猫が猫免疫不全ウィルスに感染していないかどうかはレトロウィルス検査の簡易キットを使い、病院内で調べることができます。猫白血病ウィルスも同時に調べることができます。

特にこの検査を実施した方が良い猫たちがいます。

    状態の良くない猫

病状が悪い猫、猫免疫不全ウィルス感染症に特徴的な症状をだしている猫(けんか傷があるとか、口内炎がある猫たち)、そのほか猫エイズ陽性の猫と接触したことがはっきりしている猫です。

このような猫ではためらうことなく、レトロウィルス検査をうけることを承諾してください。以前の検査で陰性であっても、その後の生活が感染を疑わせるものならば再度受けてください。

    多頭飼育で暮らす猫

多頭飼育ですべての猫の感染状況が明らかでない場合は、陰性猫と陽性猫を分けるために検査が必要です。感染猫が1頭混じっていると一緒に暮らす猫みんなが感染の危険にさらされてしまいます。

    新しく飼育する猫 

新たに猫を迎える場合は成猫でも子猫でも検査を実施しましょう。

    猫白血病ワクチンや猫免疫不全ウィルス感染症のワクチン前

初めてレトロウィルス感染症関連のワクチンをうけるときは事前に検査を受けてください。ワクチン接種をするとワクチン由来の抗体が陽性になるため、それまでに感染したことがあるのかどうかが判明つかなくなります。

    感染リスクのある猫

屋外に自由に出入りすることができる猫は、もしエイズワクチンを接種していないのであれば、定期的に検査を受けましょう。年に1回くらいが理想です。

IMGP5907.jpg 

<子猫の検査と評価>

子猫の検査を実施したとき、陽性になることがあります。お母さん譲りの抗体なのか、自然感染して自分で作り上げた抗体なのか判断に困ります。30日くらい間を開けてもう一度検査を行います。これで陰性なら、お母さんからもらった抗体が消失した、感染はなかったと判断します。

 

<成猫の陽性結果>

ワクチン接種をしたことがある場合、陽性に出ます。けれどワクチンを接種したことがあるかどうかわからないとき、ワクチン由来の抗体なのか、感染による抗体なのか判断がつきません。このようなときは、病院での簡易検査ではなく、感染を確認することができる外部委託検査を実施します。

 IMGP5909.jpg

<治療のこと>

ウィルスの感染数を減らし生存期間をのばす治療が望まれます。しかし猫インターフェロンも希望をかなえられるほどの効果は得られません。対象療法を行います。

 

<予防ができます>

幸い日本では猫免疫不全ウィルス感染症のワクチンがあります。もし屋外に自由に出るような飼育をするのであれば、必ずワクチン接種をしておいてください。

基礎免疫は3週から4週の間を開けて、3回接種します。子猫もおとな猫も同じです。その後追加免疫は1年に1回です。

 IMGP5917.jpg

<猫エイズに感染しているとほかのワクチンはうてない?>

免疫不全状態の猫ならば、なおさらのこと、感染症の予防をしたいものです。猫の3種混合ワクチンは生ワクチンと不活化ワクチンの2つの種類があります。不活化ワクチンでしたら予防注射ができます。予防しましょう。

 

<おわりに>

12月1日は世界エイズデー、エイズの日です。
猫にも猫エイズと呼ばれる猫免疫不全ウィルス感染症があります。怖い病気ですが、ワクチン接種で予防ができます。
この機会にぜひ知ってください。

猫エイズで苦しむ猫がいなくなりますように。    合掌 
スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード