猫汎白血球減少症 2

 猫汎白血球減少症のお話の続きです。

 

<密度の濃い治療を行います>

感染した猫はすぐに命を救うための治療が必要になります。

嘔吐や下痢によって多くの水分が失われるため、脱水はこの病気の主症状で、なおかつ命を危険にさらす可能性があります。すぐに解消しなければいけません。脱水は「水」と「電解質」の欠乏です。バランスのとれた補液を行い、体液を回復させます。

腸内細菌による日和見感染から体を守るために抗菌薬を使用します。

そして抗ウィルス作用や、免疫を強める作用を期待して、猫インターフェロンを使います。

白血球を増やす作用のある特殊な薬を使うこともできます。

白血球減少に続いて、血小板の減少や赤血球の減少(貧血)を起こすことがあります。それぞれに応じた治療を行います。

medical_tenteki_pack.png  

<手厚いサポートは生死を分けることができます>

危険な状態から回復するまで、猫には安静が必要です。賑やかな場所から離れ、暖かく静かに休養できる場所を提供してください。もし猫に苦手な子供がいるとしたら、彼らから遠ざけてやると、安全でゆっくり静養できる環境になります。これは他の猫から隔離することでもあります。感染を拡大させないために必要な処置です。

家庭で看護するときに必要なことはほかにもあります。猫トイレと猫用の寝床の近くにきっちり蓋のできるゴミ箱を用意してください。ウィルスに汚染された簡易手袋や使い捨てのペーパーなどをその場で処分することができます。世話をする人がウィルスを遠くに持ち出すのも避けることができます。

十分に愛情をかけてやることは特に大切です。猫に快適な環境を提供することと同じくらい大切です。けれど、厳重な衛生管理を行わないとウィルスを残したり、遠くへ運んだりすることになってしまいます。看護する場合も必要以上の身体的な接触を避け、感染猫に触れた後は特に清潔にし、もし同居猫がいる場合はほかの猫に感染を広めないように十分注意してください。

子猫を除いて、ウィルス感染から回復の兆しを見るのはほんの数日のことです。その少しの間だけ、頻繁に病院に通ってもらうことや、密なケアをお願いします。

猫が免疫系統に異常を持たない場合は、生涯免疫を獲得することができるといわれています。また病後、猫がこのウィルスに対するキャリアー(保菌者、ずっと体内にウィルスを持ち続けて、何かの折にウィルスを排泄して感染源となる)ことはありません。

 pet_angel_cat.png

<残念な結果になることもあります>

多くは体力の無い子猫に起こることですが、急な病気の進行により亡くなることもあります。子猫の致死率は非常に高く、90%以上になることもあります。

パルボウィルス感染症は、嘔吐や下痢を主症状にする消化器系の疾患ですが、子犬のパルボウィルス感染症に見られるような急性の心筋炎のパターンをとることもあります。朝、様子がおかしいと思いつつも仕事に出かけ、仕事が終わって帰宅したらすでに冷たくなっていたというような甚急性の経過をとる子猫もまれではありません。

pet_cat_oddeye.png  

<リスクの高い猫>

この病気に対するハイリスクな猫は、

    野猫の集団の中で生まれた子猫(栄養不良から免疫が弱くなっていることが多いです)

    シェルターに保護された子猫

    生後2ヶ月から6ヶ月くらいの子猫(親譲りの免疫が切れた頃です)

    妊娠中の母猫(免疫状態が薄くなっています)

    猫免疫不全ウィルスに感染している猫

    屋外に出ていく猫(ほかの猫と接触する可能性が高いです)

です。ウィルスが多量にある環境内に、これらの猫が入り込んだ場合は絶望的になります。

bottle_jiaensosansui.png  

<ウィルスを広めないために>

消毒は最も大切なことです。家庭用の塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)の薄め液が有効です。

糞便や吐物など、排泄物に汚染された猫のトイレや食器、寝具、おもちゃの類はしっかり消毒されなければいけません。ケージに入れたときに柵が汚染を受けたときも、消毒液にしっかり浸漬する必要があります。通院用のキャリーも同じです。しっかり消毒を繰り返してもすべてのウィルスの痕跡をなくすことはなかなか難しいことがあります。

間違いなくウィルスを根絶するために最良な方法はすべてを廃棄処分することです。残された汚染物に、感染猫は反応することはありませんが、ウィルスの痕跡が残るとほかの猫が感染する可能性は十分あります。

 cat_chuusya_yobou.png

<予防手段はワクチンです>

猫汎白血球減少症は、猫に対するコアワクチン(中心的な、必ず接種しておきたいワクチン)の一つです。これは屋内飼育の猫だから接種しなくても大丈夫ということはなく、必ず定期的にワクチンを受ける必要があります。

子猫の時は89週齢時と12週齢時の2回接種が推奨されます。その後成猫になってからも1年ごとの追加接種が推奨されます。

感染状況が高いシェルターなどの施設に保護された子猫は16週齢時に3回目のワクチン接種をうけることが推奨されています。

猫汎白血球減少症単独のワクチンではなく、猫ウィルス性鼻気管炎(猫カリシウィルスと猫ヘルペスウィルス)を含めた3種混合ワクチンが一般に接種可能なワクチンです。弱毒生ワクチンと不活化ワクチンがあります。弱毒生ワクチンは、接種後、迅速な感染防御がはじまります。健康上問題の無い猫は、この弱毒生ワクチンの接種をおすすめします。

弱毒生ワクチンをおすすめしない猫もいます。お母さん猫の初乳(生まれてはじめの1週間くらいに分泌される免疫がいっぱい詰まった母乳です)を飲むことができなかった幼少の子猫は、早くからワクチン接種を必要としますが、こんな小さなか弱い猫は不活化ワクチンを接種されるべきですし、猫免疫不全ウィルス感染症(猫エイズ)の感染がわかっている猫も不活化ワクチンを使って予防されるべきです。

正しいワクチン接種でかわいい猫を病気から守りましょう。

 

 

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード