人と動物の絆

 大きな災害が発生するたび、次はこの地域に東南海沖地震が来るのかと、不安になります。折に触れ、院内で非常時持ち出し品のことなど展示してきました。
しかし動物と飼い主さんの絆が断たれてしまうのは、そんな大惨事が発生したときに限らず、日常的にもあります。

「散歩に行こうとした時に犬が門から飛び出して行ってしまい、見つからない」とか「いつもは出かけていても夕刻までに帰宅している猫なのに、もう1週間も帰らない」とか、「出かけた先で、リードが離れて分からなくなってしまった」「年取った犬がふらふらと出て行ってしまったらしく行方不明で、近くを探してまわったけれど発見できない」というようなものです。

一方で、親切な方々が保護してくださっていますが、「首輪は付いているけれど飼い主さんを特定できるものがない」ために、連絡が取れずにいるケースもたくさんあります。保護してくださった方も「迷子捜し」の方が頼ってきそうな「警察署」や「保健所」「保護センター」などに連絡を取っています。それから市内各所の動物病院にも連絡してくださるし、ポスターも作って配布してくださるのですが、手がかりがつかめないのです。
絆が切れてしまったとしかいいようがありません。

 IMGP9902.jpg
環境省のリーフレットから抜粋して作っています。

117日は阪神淡路大震災のあった日でした。この日は「おむすびの日」なんだそうです。結ばれること、絆について考え、院内の掲示板は311日を過ぎる頃まで人と動物の絆を断ち切らないようにするためのお願いについて掲示します。

IMGP9901.jpg
特にお知らせしたいところを拡大しています。
 

首輪に名札をつけることや、鑑札や注射済証をつけること、マイクロチップを身体に入れることはいざというとき役に立ちます。

この機会に首輪のサイズの見直しをお願いします。そして名札の文字がすり切れていないかどうかなども確認してください。マイクロチップのことを検討してくださるのもうれしい限りです。
当院でマイクロチップ挿入が出来ます。ぜひご相談ください。

キーファインダー(捜し物発見器)の端末を猫の首輪につけておかれている飼い主さんがいらっしゃいました。近くに遊びに行っているだけなら音を頼りに猫を見つけ出せるそうです。適応は主に室内向けなのでほんとに近距離、電池の消耗がないうちなら良さそうです。
遠方までとなるとGPS機能の付いたものを利用するしかなさそうです。けれど重そうですし、値段も高い、猫は電波の届かないようなところを好んで休んでいるのではないかという問題が起こります。総合すると、まだマイクロチップに勝る期待通りの機能を果たせる機械はないかもです。

 IMGP9903.jpg
迷子事例のTOP3です。


絆は相互によりあっています。
人と動物は相互方向的に結びついていて、迷子になってしまったときには動物も飼い主さんたちと同じように不安な日々を過ごしているのだろうと思います。もし迷子になっても早く見つかって飼い主さんのもとに帰れると動物のストレスも少なく済むことでしょう。

IMGP9904.jpg
いざというときのために家族で話し合っておくのも大切なことですね。

愛知県獣医師会でも、災害時の動物の受け入れについて検討を重ねています。入院舎の数により、当院で受け入れることが出来る動物の数は限られてしまいます。災害時、もし車で移動出来る余裕があるのでしたら、ぜひキャリーのほかにゲージも一緒に持ち出ししてください。そうしたらさらに追加の動物たちを受け入れることが出来ると思います。


IMGP9899.jpg
結んだ絆をしっかり保つために、
必要なことがいくつかあります。
正しい情報を得ることも大切なことです。



IMGP9900.jpg
しつけの重要性にも触れています。
ぜひ掲示板をご覧になってください。

 
今日は掲示板のご紹介でした。
備えあれば憂いなしとはいいますけれど、やっぱり地震はきてほしくないですね。




おまけのおはなし
絆のことです。
動物が亡くなったときには絆は断たれていないと思います。飼い主さんの心の中に、いつもいますからね。見えない糸でずっとつながっているわけです。
ペットロスで悲しい気持ちになっている飼い主さんは、病気になった最後の時を思い続けていらっしゃる方が多いように思います。動物への愛が深ければ深いほど、後悔があるみたいです。あのときこうしておけば良かった、ああしておけば良かったなどです。でも、元気で楽しかった頃のことを思い出すようにしてもらいたいと思います。たぶん、動物たちはいつもあなたの近くにいてくれてるはずです。そしてあなたが明るい気持ちでいてくれている方が、亡くなった動物たちも飼い主さんに寄り添い易いのだろうと思います。こんな時こんな風だったとか、こんな時だったらこんなことしただろうなぁとか、思いを巡らせていただけると、飼い主さんは明るくなれるはずです。明るい気持ちで、すぐ近くにいる子をぜひ引き寄せてあげてください。

ちょっとはなしが逸れました。今日のお話はここまでです。


スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード