慢性腎臓病とFGF-23

 前回、慢性腎臓病の猫ではリンのコントロールが重要なことをお話ししました。リンのコントロールをしないと、腎性二次性上皮小体機能亢進症を発症してしまうし、腎性二次性上皮小体機能亢進症は身体にいろいろ悪さをしてしまうから、というのがその理由です。

上皮小体ホルモン(PTH)は骨のミネラル代謝に関係するホルモンで、慢性腎臓病ではIRISの分類でいうステージ3ころから上昇を始めます。PTHの検査は日常的に実施するようなことはありません。もっぱら血漿中のリンとカルシウムの値を調べています。これらの結果からミネラル代謝異常を知ることになるのです。

高窒素血症でも言えることですが、はじめは身体が異常を知ります。それでそこを補うように身体が反応します。代償作用です。検査で分かる数値は、代償作用ではもう頑張りが効かなくなってきてからの上昇です。

腎臓のGFRの低下を高窒素血症となるBUNCREの上昇で知るよりも早くSDMAで知るように、ミネラル代謝異常も血漿リン値が上昇するよりも早く異常を知らせてくれる指標が望まれます。

 

ところで、リンの代謝に深く関わっている物質で、FGF-23というのがあります。今日はFGF-23についておはなしします。

 IMGP0010.jpg

FGF-23というのは>

FGF-23Fibroblast Growth Factor 23の略で、線維芽細胞増殖性因子、骨の細胞から分泌されるペプチドホルモンです。血漿中のFGF-23は腎臓からのリン排泄を促します。(リンを体外に出すように働きかけます。)それからビタミンD活性を抑え、上皮小体ホルモンの分泌や合成を制御しています。これはカルシウムとリンのバランスを取るための仕組みの一つです。骨からカルシウムが溶け出さないようにすること、正常な骨を造るためにはFGF-23が正常に分泌されることが必要のようです。

FGF-23は腎機能低下に伴って上昇しますが、それは血漿リン濃度が上昇する前の、早期の慢性腎臓病の段階から認められています。(高リン血症になるのは、腎機能低下がかなり進行してからのことです。)

 

 IMGP0017.jpg

<猫のFGF-23に関する研究>

猫のFGF-23に関する研究はElliott先生たちのグループが行っています。2013年と2015年にその研究の発表がされています。「FGF-23の濃度が高い猫は病気の進行も早いし寿命も短かったこと」や「著しい上昇は死亡リスクの増加と関連があったこと」がわかりました。カルシウムとリンのバランスが崩れることは死亡率に重要な役割を果たしています。また「リン制限の食事療法を始めるとリン濃度と同様FGF-23濃度も下がること」や、「猫の基準的数値は人のそれに比べてはるかに高いこと」も分かっています。(ヒトでは8.254.3pg/ml、猫では56700pg/mlだそうです。)

 

 IMGP0008.jpg

FGF-23は臨床にどのように応用できるのか>

FGF-23が慢性腎臓病の早期段階で上昇することやリン制限食で低下すること、腎臓病の進行によって上昇することから、

①早期発見のマーカー

②病気進行のマーカー

③予後判定のマーカー

としての使用が期待されます。

そして血漿リン値が高まる前に、その指標がいくつになったらリンコントロールを始めたら良いのかが具体的に分かるとなると、将来的に

④リン制限のためのエビデンスのある数値

ができるかもしれません。するとその指標の検査をこまめに実施することになり、もっとリンコントロールの重要性は知れ渡るのかもしれません。

 

残念ながら、現段階ではヒトのFGF-23も保険適応外なくらいなので、「うちの猫ちゃん」の数値を調べたり、結果から何かを推測していく、これをもとに治療の方針が変わる、とかいうことはまだ先のことです。そのうちには実用化に向けた芳しいお話しができる日が来ることを信じています。

 IMGP0009.jpg

FGF-23のそのほかの働き>

ヒトではFGF-23が①心不全、②鉄の代謝と造血にも関与があるということがわかってきているようです。

ネズミの実験で、FGF-23が心臓の筋肉細胞にあるFGF受容体を介して直接的に心臓肥大を起こすことが実証されました。これまではリンの値が高くなっていることそのものが心臓病を引き起こすリスクになっていると考えられていましたが、この実験結果から、腎臓病でリン値が上昇することによってFGF-23が増加したことが心臓病のリスクを高めるのではないかというように考えが変わってきました。

Elliott先生によると、FGF-23が猫の心臓に対しても危険因子になっているのかどうかは、まだ不明だそうです。

 

それからご存じのように慢性腎臓病では腎性貧血が発生してきます。貧血を判断する検査項目の一つにPCVがあります。Elliott先生は、PCVは生存期間と優位に関連するとおっしゃっています。PCVが低下すると血液の酸素運搬能の低下から、悪くなっている腎臓が低酸素状態になる可能性があるそうです。PCVのわずかな変化が慢性腎臓病を悪化させ、低酸素により生存期間を短くさせる可能性があります。

腎性貧血の原因は腎臓から分泌される造血ホルモンであるエリスロポエチンの不足からというのが一般的な答えですが、鉄が不足しているとエリスロポエチンを注射で補っても貧血は改善されにくいです。また鉄は身体の中にあってもその分布から、うまく利用されず貧血改善に反映されてこないこともあります。猫のFGF-23の研究がさらに進むと、ヒトと同様の結果が証明されるかもしれません。今は貧血を鉄とエリスロポエチン軸だけで考えていますが、貧血改善にはリンの安定も必要だという答えが出るのかもしれないと思います。

 IMGP0011.jpg

今春、猫の腎臓病のために新しいお薬も発売になりました。ベラプロストナトリウムというお薬で、これまでも人体薬として肺高血圧症に貢献してきたお薬です。血流を良くする作用があります。血の巡りが良くなることで、慢性炎症を抑え、組織が回復するのを助けるわけです。今後、処方することが増えていくと思います。猫の腎臓病の未来に明かりがまたひとつ灯りました。

というところで、今日のお話はここまでです。

猫の慢性腎臓病、未来のお話しが中心になりました。

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード