犬の白内障・4

犬の白内障について4回目です。
いいことばかり書いてあるけど、実際、違うじゃないの、ということがないように。マイナス面についてもおしらせしておきます。

 <白内障手術に伴うリスク>

白内障手術は非常に成功率の高い手術ですが、リスクもあります。手術後の視力改善の可能性は、ほとんどの犬にとって(90%〜95%と)高いです。けれどその残りの5%〜10%は合併症のために良好な視力を取り戻すことができません。最悪の場合は手術した目の片方または両方に永久的な失明となることがあります。白内障、炎症、および眼内手術に対する反応性には違いがあるため、白内障手術は人ほどの成功はありません。どのような手術においても常に完璧であるとは限らないこともご理解ください。特に(何度か言っていますが)水晶体起因性ぶどう膜炎(LIU)がある場合は成功率が低下します。
IMGP0561.jpg
失明を起こす目の病気はいくつかあります。
代表的なのが白内障や緑内障、網膜の病気です。
どこに異常が出るのかわかりやすくするため色をつけました。

 

術後の心配点を示しておきます。

①眼内の瘢痕組織のリスク

全てのイヌは眼内の瘢痕組織を発症します。瘢痕組織というのは、傷が治るときに全く同じ組織に置き換わることはなくて、傷を治そうというする組織が過剰に出てくる炎症性の組織のことです。皮膚にできた傷ならば「やけどの跡」のような毛が生えないつるんとした組織になりますが、目の場合、主に水晶体嚢が不透明になります。過度の瘢痕組織は視力を低下させます。子犬や若齢の犬は高齢犬よりも混濁を発症しやすいです。抗炎症薬と抗酸化剤ビジョンサプリメントで生涯サポートすると重度の混濁を形成するのを軽減させることができます。

②緑内障のリスク

緑内障は眼圧の上昇で知ることができます。これは白内障手術を受けたあと一時的に起こります。ほとんどの場合、眼圧上昇はほんの一時的で、手術後最初の12日以内に治療をすればすみやかに解決します。ただ手術後数ヶ月から数年たってから緑内障を発症することもあります。 緑内障は完全な失明の原因になります。愛犬の目がおかしいことを発見したら速やかに診察が必要です。追加の薬物療法、もしくは外科手術(眼圧制御のために行われる手術)で治療します。緑内障は「頭痛」のような症状でも発見が可能です。もし痛みのコントロールができないようであれば、残念ながら眼球摘出の手術が適応になるほどです。

IMGP0563.jpg
緑内障は目の中の水が溜まりすぎ眼圧が高まる病気です。



③網膜剥離のリスク。

網膜剥離はたいてい完全な視力喪失につながります。早期に対応されれば、手術成功率は高いようですが。

IMGP0562.jpg
網膜が定位置から分離したのが網膜剥離です。
網膜が裂けて眼内出血を起こすこともあります。




④眼内感染のリスク

これはまれです。しかし発生したら完全な視力喪失だけでなく眼球摘出手術が適応です。愛犬が不用意に目を掻いたり、こすりつけたりして目に感染をおこさないように細心の注意が必要です。

⑤全身麻酔のリスク

麻酔の安全性は近年著しく進歩してきています。私たち獣医師とそのスタッフはとても真剣に麻酔処置に当たりますし、麻酔中も幅広い項目(血液の酸素化、二酸化炭素レベル、呼吸数、体温、心拍数、および血圧)をモニタリングしています。モニタリングしていると身体に発生した異常をいち早く表示しますから、術中にそれに対応してすぐに処置することができます。
ですが、健康な動物でも一般的な麻酔下で亡くなることはあるので、一定数のリスクがあることもご承知ください。

IMGP0564.jpg
今回お話をしているのは白内障のこと。
水晶体が混濁した状態です。

 

<合併症リスクを減らすために>

このような合併症を発症するリスクを軽減することはできます。

①速やかに診察を受けること

白内障が疑われたらなるべく早いうちに診察にお越しください。もし糖尿病に罹患している犬であればなおさらです。早期に発見できたら手術の最適期を逃すことなくいけるかもしれません。「きっと白内障だわ。この子も歳だし、当然だよね」と間を開けないことです。水晶体が完全に不透明で目が見えなくなるまで待つのは良くありません。はじめはホームドクターの診察から。そして獣医眼科専門医の診察につながれます。

②治療時の指示に従うこと

治療時に受けた指示を守り、点眼やまたはサプリメントの投与を行ってください。点眼が困難な犬でも、根気よく点眼を続けるとうまく目薬をさせるようになります。「うちの子は目薬をささせない」とあきらめず、がんばってみてください。

③再診を受けること

専門病院で手術が済んでからも獣医眼科専門医が推奨する再診日には犬を連れて行ってください。眼科専門医による定期的な再検査が必要です。
残念なことに獣医眼科専門医への再診が予定通りではなく、数ヶ月から数年後になってしまっている犬もあります。実は彼らはベストなタイミングでベストな治療を行えなくなった患者さんを嘆いています。せっかく白内障の手術により素晴らしいビジョンを獲得したにもかかわらず、のちに発症した緑内障の治療が遅れたために視力が再び失われていることがあります。そうした事態を起こさないためにも診察にお出かけください。

④サプリメントの投与をすること

特定の犬用抗酸化剤ビジョンサプリメント(点眼液ですが、薬効的にサプリメントの扱いになっているものがあります)を使用して生涯、眼のサポートをしてください。

⑤胴輪をつけること

目の手術後は首輪を避けて胴輪で散歩するようお願いしていますが、目の異常が見つかった場合は手術の有無にかかわらず胴輪にしていただく方が、知らないうちに合併症を発症していた場合にも有益になると思います。

 IMGP0565.jpg
悪くならないように。
目のチェックポイントと点眼方法について、
掲示してあります。




<おまけのおはなし> 

さて、獣医眼科専門医と彼らのスタッフたちはすばらしい眼科ケアチームで、白内障手術が済んだ後も犬の眼科ケアを生涯にわたって行ってくれます。手術した眼がうまくいっているかどうか、もう一方の目はだいじょうぶなのか、ときには詳しい検査なども含めて診療していきます。ご希望により獣医眼科専門医を紹介いたします。犬の目ができるだけ健康で良いビジョンを保てるように、ホームドクターは獣医眼科専門医と一緒に愛犬のケアをしていきます。

もう過ぎてしまいましたが、10月13日は「じゅういさんの日」なんです。多くの方は獣医師をホームドクターとして見ていることと思います。獣医学は非常に早いスピードで進歩しています。それに伴って、それぞれの獣医師は自分の関心のある分野についてより深い知識や技術を習得しています。ホームドクターの中でも「自分は○○の専門医です」と名乗っておられる先生もいますし、「まだ学習途中であるけれど○○分野については詳しいです」という先生もおられます。分野によってはまだ国内で「○○専門医の制度」が立ち上がっていない分野もあり、広く看板に掲げられていません。ある先生が得意としている分野があるのだけれど一般の患者さんが知る機会が無いということもあるでしょう。たまたまその得意分野の病気に遭遇したら分かるのにと思いますが、病気になるのは好ましいことではありません。ホームドクターのほとんどは「専門の」または「得意の」分野を持っています。もし機会があったら診療の合間に尋ねてみると良いかもしれません。キラキラした瞳で専門分野のお話しをしてくださるだろうと思います。

さて、そのようなこともあり、今回、白内障については、ホームドクターがしていること、そしてご縁があればご紹介させていただく獣医眼科専門医のことも交えて白内障のお話しをしました。私は眼科は専門ではないためご紹介を取らせていただいております。これからもジェネラリストとして、それぞれの動物の最善を考え、間違いのない治療をするよう努めていきます。




次回は失明した犬との暮らしについてお話しします。


スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード