FC2ブログ

前立腺膿瘍

前立腺の感染性の病気に、急性炎症と慢性炎症ともう一つ、膿瘍ができる病気があります。

3.前立腺の膿瘍形成

慢性の前立腺炎が重篤になったとき、前立腺の中に「膿瘍(のうよう)」を形成します。「前立腺嚢胞(のうほう)」は内部に前立腺液が貯留したものですが膿瘍は細菌と化膿性産出物(うみ)を貯めた物で、いつでも前立腺炎を引き起こさせる菌が前立腺内に潜んでいる状態です。慢性炎症が経過してさらに重症になってしまった状態という概念です。

 IMGP0599.jpg

<犬の状態は?>

状況に応じてさまざまな様子を示します。総じて、前立腺の過形成を起こしたときや前立腺炎のときの症状のミックスのような感じです。急性炎症のときのように沈うつな様子を見せることもあります。ショック症状で粘膜が真っ白になり、脈も弱くなっているようなことがあり、驚かれるかもしれません。以下に症状をお示ししますが、常にこのような症状を出すわけではありません。

・一生懸命いきんで排尿、排便しようとする。

・尿道からの分泌物がある。出血性や膿性。

・尿のお漏らし。

・血尿。

・発熱や元気消失、食欲の廃絶、嘔吐。

・無気力。

・痛み。これは排尿時だけのことも。

 

<診察すると・・>

・前立腺の肥大が見られます。

・触ると痛がります。

・右と左のサイズが違うことがあります。

・柔らかいところと硬いところがあります。

 IMGP0581.jpg

<血液検査では・・>

・血液検査も尿検査や前立腺液の検査でも、感染性の所見が見られます。それは白血球数が多かったり、C反応性蛋白が上昇していたり高グロブリン血症があったりするので分かります。そのほか貧血や肝酵素の上昇があることがあります。肝臓が悪いのでは無く「反応性肝障害」で、ときに黄疸があることもあります。

・尿検査や前立腺の検査で細菌感染が発見できます。

・超音波検査で左右不対症の前立腺に大小それぞれのシストがあるのが見つけられます。

 

<緊急治療です!>

前立腺膿瘍の治療はなかなか大変です。治療目的は腹膜炎へ進行しないようにすることです。そのまま放置しておくと、菌が血管内に入り、全身に回り敗血症を起こします。また膿瘍を包む膜が破れ膿がお腹に出て腹膜炎になることもあります。急激にショック症状を発します。敗血症も腹膜炎も致死率の高い全身性疾患です。

そうならないように外科的な処置が必要です。膿瘍ができているところに穴を開け、排膿させ、袋の中をきれいにしてから縫い合わせて閉じます。一緒に去勢手術も行います。術後もしばらく抗菌薬による治療を続けます。

手術はお腹の中でも一番尻尾に近い部分で、皮膚は広く大きく切って前立腺を操作しやすいようにする必要があります。血管や神経が豊富で取り扱いが難しいのが前立腺です。術中に膿瘍が破裂して膿が腹腔内に漏れてしまうという合併症の心配もあります。また術後も尿失禁などの問題を起こすこともあります。

前立腺が大きく肥大し排尿困難が長く続いていた場合は、膀胱が膨らみきっていて前立腺が小さくなっても思うように排尿できないことが有り(膀胱アトニーと呼んでいます)、膀胱の筋肉がしっかり収縮する力を取り戻すまでの間(ずっと取り戻せないこともあります)尿道から膀胱へ管を入れて排尿を管理しなければならないこともあります。

IMGP0609.jpg 

<内科治療ではだめなの?>

膿瘍のできたところには抗菌薬が入り込めません。そのため内科的な治療は基本的に無理です。また前立腺には障害を受けていない部分もあるため、前回お話しした「血液-前立腺関門」のバリアがあるためになおさら抗菌薬は希望する部分に入り込めないのです。外科治療への判断が遅れるとそれだけ膿瘍が自潰するリスクは高まり、それはそのまま敗血症と死亡リスクを高めることになります。外科手術への覚悟を決めて下さい。


<こうなる前に!>

前立腺膿瘍の治療は難しくも有り高価であるのに、結果はあまり芳しくない(1年後の生存率が50%くらい)ものです。慢性の前立腺炎が前立腺膿瘍にならないようにしっかり治療するのがとても重要です。

もっと良いのは、幼少時に去勢手術をしておくことです。

 

細菌感染による前立腺の病気について3回にわたりお話ししました。単純な前立腺の過形成くらいだと去勢手術のことを検討する気になれないかもしれませんが、細菌感染をおこした前立腺はとても重篤な状態に発展する可能性があります。そうなる前の去勢手術は大変重要です。

 

スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード