FC2ブログ

猫のストレスを考える

 慌ただしい年の暮れ、今日は年末年始と猫ちゃんとストレスについてお話しします。

 

<猫のストレスサイン>

猫がストレスを感じているとき、どのような仕草をするのでしょうか。

そもそもストレスって何でしょう。

猫の正常な身体的バランス、こころのバランスを崩すような出来事、状況はすべてストレスです。そして自分自身でこれらのストレスと向き合って対処するために起こす行動がストレスサインです。これをご家族に分かっていただかないことには、ストレスをなくすことはできません。

猫はストレスを感じると爪研ぎや、尿のマーキング、ものかげに隠れるなどします。ストレスサインだとは気づかれにくいと思いますが、実はストレス回避の行動です。

DSC_0918.jpg
猫のストレスについて、掲示板に張り出しました。
 

<猫の本来のライフタイル>

元々の猫の生活のことを思い出してください。猫は一日のほとんどの時間を外ですごしています。そして生活に必要な「食べる」「排泄する」などの環境に自由にアクセスできています。適度に仲間と過ごし、適度に仲間との距離を保ち個で行動しています。互いに適当な距離を置きけんかをしないように保っていて、十分なプライバシーがあります。毎日の生活は習慣になっていて、同じときに同じことを繰り返しています。変化を好みません。

 

<今の猫のライフスタイル>

今、飼育されている猫たちはほとんど屋内飼育100%になってきました。この外出が制限された状況は本来の姿と大きく異なってきています。好みの生活環境があっても、それを選択する自由は猫にはありません。飼い主さんが提供してくれた環境に住まうだけです。

同居人を選ぶことができません。思いがけず家族が増えたりします。「ケッコンしました

さらに同居猫を選ぶことだってできません。「かわいそうな猫チャン拾ってきましたの

それからいつも同じ行動パターンをとりたいのに、人と暮らしていると突然の来客があります。

宅配の人が玄関に訪れることもあります。

まさかの引っ越しもあります。

飼い主さんの気分によって、ある日急に食器が変わります。「かわいい食器でしょ

トイレ砂の種類が変わります。「これ、安かったんだ~

服なんか着せられてしまいます。「寒そうにしてたじゃない

食事が変わります。「ごめん、いつものフード、買い忘れてた。コンビニで買ってきたよ

人と密に生活する現代の猫の生活は、猫本来の行動を自由にとることができなくなっていて、猫は知らず知らずのうちにストレスを強いられています。

 DSC_0920.jpg
猫がストレスを感じやすいのはこんな生活です。



<猫がストレスを感じやすい環境>

次のような環境は猫にとってストレスが高くなっています。

・屋内だけで過ごさせている、多頭飼育である。

・一頭ごとに食事をすることができない(まとまって食事をする)。

・それぞれの猫ごとのトイレがない(共同トイレを使用している)。

・来客が多い(週に1度以上は来客がある)。

・たびたび部屋の模様替えをする(季節によるラグの取り替え、新しい家具、リフォームや引っ越しもある)。

・騒々しい環境にいる(子供たちが賑やか、お父さんの声が大きい、テレビの音量が大きい)。

・留守にすることが多い。

・家族の外出に伴って車や電車で移動する。

・ちょくちょくペットホテルを利用している。

いかがでしょうか。

DSC_0919.jpg
これが猫のストレス行動だった!
 

<猫が不安を感じているときのサイン>

猫は不安になると次のような行動をとります。

・来客があるとき、いつの間にかいなくなる。

・窓越しに他の猫を見て嘔吐することがある。

・庭先、窓の近くに他の猫がやってきて窓越しに怒っている。

・毛繕いを非常にまめに行っている。

・よく毛玉を吐いている。

・暗いところでじっとしている。

・屋内で尿スプレーをしている(不適切な排泄がある)。

・飼い主の動きを目で追っている。

・背中の皮膚を波打たせている。

・同居猫にシャーという。

・同居猫を避けている。

・なでなでしている途中で急に逃げ出す。

 DSC_0921.jpg
愛猫のストレス度をチェックしましょう。



<猫のストレスを減らす>

ストレスを強く感じている猫の生活は改善させてやるのが一番です。それでも、こちらの生活に合わせて貰わないといけないこともあります。現代の猫がある程度のストレスを感じてしまうのは避けられないことです。けれどできるだけストレスの少ない環境作りをしてやることは飼い主さんの使命です。健康管理はもちろんのことですが生活環境にも気を配ってあげましょう。

猫をリラックスさせるフェロモンがあります。猫の頬から分泌されているフェイシャルフェロモンは猫の生活環境にある物や人、同居猫に親しみを示すために猫が頬をこすりつけて「猫印」をつけているものです。これを人工的に作り出した商品があります。環境中にこのフェロモンを撒いて猫を安心させることができます。拡散タイプとスプレータイプがあります。

またお母さんのおっぱいから出るミルクの成分の中に気持ちを落ち着かせたり寝付きをよくしたりする作用があるものがあります。ΑS1トリプシンカゼインです。猫の穏やかな暮らしのためにサプリメントとして使うことができます。

 DSC_0922.jpg
動物病院がストレス回避に協力できることがあります。
飼い主さんのストレスも減ります。




<年末年始におすすめの使い方>

留守番や来客などを予定している出来事の1週間位前からはじめてください。

サプリメントを飲ませはじめます。

拡散タイプのフェロモンをお部屋のコンセントに差し込みます。

好んで寝る場所、昼間よく過ごしているところには、拡散タイプとは別にスプレータイプのフェロモンを吹きかけてやります。朝夕2回です。

 

<外出を予定している場合の使い方>

サプリメントは数日前から服用はじめます。

キャリーを使う15分前にキャリーの中にスプレーを吹き付けた布を入れます。

直接キャリーにスプレーを吹き付けてもOKです。

猫の体に直接吹きかけないようにしてください。

アルコール臭がするので15分待っていただいています。

 

 年末年始は日常と違う生活になります。平常であることが大好きな猫にはストレスの高いイベントになります。いくつかの工夫で猫を穏やかに過ごさせてやれます。サプリメント、フェロモンはいつも病院に置いてあります。お気軽にご相談ください。


今年はもう一回ブログ更新日である日曜日が巡って参りますが、本年最終の日曜日はブログを休みさせていただきまして、今回を今年の最終にします。今年もおつきあいありがとうございました。寒さ厳しき折、どうぞ皆さま、お風邪など召されませぬようご自愛いただき、よいお年をお迎えください。



スポンサーサイト

テーマ : 動物病院
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハート動物病院

Author:ハート動物病院
ハート動物病院です。
〒445-0062
愛知県西尾市丁田町杢左51-3
TEL/0563-57-4111
オフィシャルサイト:http://www.heart-ah.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード